さいかい元気村 芋掘り&ほうきづくりレポ!

イベント情報

10月31日、秋の気持ちの良い青空の下、
さいかい元気村で芋掘り&ほうきづくりのイベントを開催しました!

芋掘りにチャレンジ!

元気村に到着したら、早速芋掘りへ!
なんでもできるカッコいいおんじやん(おじちゃん)・ふんぼさんが、
大きなスコップで芋がある場所を少し掘って、「ここ掘ってみらんね〜!」と教えてくれます。

芋掘り、コツが掴めてきたかな?
おかあさんとちいさなお子さんも、一緒にチャレンジ。掘れたかな〜?
わ〜!山盛りいっぱい、とれたね〜!

芋掘りの途中には、ミミズやカエル、セミの幼虫やいもむし、ヤモリやカタツムリなど、
いろんな虫や生き物たちにも出会います。
「起こしてごめんね〜!」と土の中へ。

とったど〜!

掘ったお芋は、濡らした新聞紙とアルミホイルで包んで、焼き芋…❤️
焼けるまでのおたのしみです。

おいしくな〜れ〜!
お次は、ほうき草でほうきづくり!

お次は、草花を使ったものづくりが得意なひでこさんによる「ほうきづくり」!
ほうき草(コキア)という植物を使って、魔女の宅急便みたいなほうきを作ります。

まずは、ほうき草の「種」を落とすところから。
真っ赤に色づいたほうき草を、パタパタ叩きつけたり、こそいだりして、種を落とします。
「種は播いたら、また生えてくるよ!植えて来年も作ってね〜!」とひでこさん。

自分が作りたい大きさやカタチのほうき草を選んだら、
はさみでカットして形を整えます。
ちょうどいい長さの木の枝にくくりつけて、ほうきのカタチへ。
ぎゅーっとくくりつける時には、再び!ふんぼおじさんが手伝ってくれます。

そうこうしているうちに、お芋が焼けてきたようですよ〜!
昔は焚き火もめずらしくなかったのかなあ、今ではなかなかできませんよね。
火を見ること、木を燃やすことにも、興味津々です。

できたての焼き芋、「あっちっち、うま〜!」の声がひびきます❤️

仕上げは、ほうきの飾り付け。
麻のリボンや木の実、お花などをつけて、自分だけのほうきを作っていきます。

完成〜!
自然の中で思いっきり遊べる元気村

元気村には、手作りのブランコやツリーハウス、スライダーなど、
まるで子どもの頃に憧れた「秘密基地」のような空間が広がっています。
そのすべてが、地元の有志のみなさんによる手作り。
このイベントの日も、9月の台風で壊れてしまったピザ窯や屋根を修理したり、
スライダーを修理したりと、たくさんの下準備のもと、行われました。

なかなかスリリングなスライダー

子どもたちが楽しそうに元気村の中で遊んでいる様子を見ると、嬉しいですね!
森の中に連れて行っても「どう遊んだらいいのかわからない」子どもたちも増える中、
自然の中で自分のからだとこころ、あたまを使いながら遊ぶ楽しさや喜びを、
これからも伝え続けたい…と強く感じます。

イベントの前日まで、スライダー修理をしていたふんぼおじさんも、この笑顔。
子どもたちのために…という想いで、10年以上、元気村を守っています。

今後も山と海の郷さいかいでは、元気村をはじめ、
西海市の自然のすばらしさや、自分でつくる楽しさを感じられるイベントやワークショップを、
企画していきたいと思います^^
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました